本質の表現するこの美しい世界が、ありのままの姿を灯しますように。
最愛の訪問者であるあなたに感謝と愛を捧げますಇ

  • If you are Happy, All is Happiness.

    If you are Happy, All is Happiness.

    「あなたが幸せなら、すべてが幸せ。」 苦しみがある。という考えの支配にあるとき、私たちは寛ぐことができません。 “思考”が自分。という思い違いをしていることで、良くするべきものが絶え間なく運ばれて、原初の揺るがない幸せが […]

  • Cross the Bridge

    Cross the Bridge

    「橋を渡る」 これまでなんとなく続けてきたことで、必要性を感じられなくなったことがある時。 必要性を感じられなくなってから、完全に止まるまでには時間が掛かります。 これは単純に、 “これまでの習慣となっているから”という […]

  • From the worldly self to the eternal self

    From the worldly self to the eternal self

    「物質の私から、永遠の私へ。」 運命、人生という思い込みの与える影響が現象世界から消えゆくとき。 言い換えれば、あるがままの自由が全てとなるとき。 その経過に起こるのは、抱えている観念そのものの喪失ではなく、 あらゆる観 […]

  • Suffering’s Source

    Suffering’s Source

    「苦しみの源」 目覚めが必要だから。使命だから。特別だから。癒しが必要だから。 現象世界のありふれる可能性から見れば、いろんな理由が見つかるのかもしれませんが、 苦しい源は、ただ単純に 自分で変えれる現象があると信じてい […]

  • Becomes Clear

    Becomes Clear

    「澄み切る」 思考や記憶から完全なる自由になった私たちに、恐れはありません。 もっと詳細に言えば、 思考や記憶が如何なる力も所持していない。という完全な理解に落ちた小箱の中に、 どんな感情が起ころうと、全く気にされません […]

  • Who am I?

    Who am I?

    「私は誰か?」 私たちは、世界という現われを目撃する純粋な意識と、肉体との一体化ゆえに、苦しみを見ます。 それは一見に、ある出来事からもたらされた苦しみのようでいて、本当は違います。 そして、このことを知らないことで、更 […]

  • A Solid Path to Unity

    A Solid Path to Unity

    「全体性への確かな道」 【世界という顕われはたったひとつなので、自他共にどこにも相違はなく、あなたはすべてを愛すべきだろう。】 この様に聞いて、ではそうします。とすべてを瞬時に愛せるようになる人はどのくらいいるのでしょう […]

  • An Island Floating in the Clouds

    An Island Floating in the Clouds

    「煙に浮かぶ島」 この世界は、一見には実在であるようでいて、実際は、意識上にだけプカプカと浮かぶ半透明の世界です。  テレビの映像が、テレビという機械無しには見えない様に、何かに頼らずには独自の働きの出来ないものは、それ […]

  • Unconditionally Free

    Unconditionally Free

    「無条件に自由であるということ。」 この世界が冗談めいた空間だということは、みなさんも感じていると思います。薄々気づいているからこのブログにも来てくださいました。 世界が良くなることを待っていても、どうにもならない事に気 […]

  • Instant Comprehension

    Instant Comprehension

    「瞬時の理解」 この世界を良くしたいという強い願いから始まる探求は、ここに現れる全ては本質の私に触れることは無いという居場所に落ち着くことで終わりを迎えます。 映画の中で実在として生きる側から、映写を見る側として鑑賞を楽 […]

  • Freedom

    Freedom

    「自由!」 自分に今起こる体験を通して、その枠組みを外して超えていく度、わたしたちは自由になっていく。 自由は手に入れる物でなく自分自身で、あることに気づくもの。こころの縛りから解放されることで、ちょっとずつ気づくもの。 […]

  • Behind Me

    Behind Me

    「わたしの後ろに」 創造主というのは、私たちの原点であり本質となるもの。言葉の通りこの世界を創る主のことですが、その者は外側世界の中に物質的には居ません。 居ないというよりも、この物質世界の土台となる側なので、自分で自分 […]