Life and Death blend together

「生と死が混ざり合う」

見る者によって、全く違う印象を残す世界に、
決まった何か‐誰かがどこに存在するのか。

していないんです、何も。

私は私が表現する世界上で誰にでもなり得る。

という多方からの可能性を含む姿が、
ただありのままに見られるとき、

純粋な世界は、そのままの世界として目撃されます。

器量や容姿的な違い等において、
誇りや劣等に感じることも消え去り、

この世界に現われるすべてが私。

他の言い方では、この世界のすべてが、
意識上に現われた全く同質のものという理解です。

衣服を身に着けているのは人間だけで、持ち物を保持したり、
ことばなどの補助ツールも人間独自のものです。

では、形の違いを識別しているこれらの看板を外した時、

そこに何が見えるでしょうか。

例えば、日本では震災が多く、
不安や恐れを生みますが、

何も所持していなければ(身体を含め)、
恐れは起こり得ないので、

私たちがこれほどまでに震災‐死と向き合う事を恐れるのは、
目に見えるもの‐姿形を失うと感じるからです。

加えて震災の場合は、
予測や制御が不能な自然の力によってです。

この諦める他ない状況下では、

計り知れない恐れと同時に、
受け入れるしかないという覚悟のカプセルも手にします。

私はこれを、個人的に繰り広げていた世界から、
一体性へと舞台替えが起こるときの状況と、
とても良く似通っていると感じています。

個人という人格が、「死」と混ざり合うという状態は、

自身だと認識していたもの。

そして、自身が守るべきものと認識してきたものから
手を離す覚悟が決まる時、

そこで何が見えるか。ということなのです。

諦めざるを得ないという強烈な激震によって
あぶり出されるのは、何か。

これは、身体と一体化している“私‐他者”としての感覚です。

恐れ震えているのは、紛れもなく、肉体と一体化した
意識そのものです。

もっと言って、

感覚としての“私”を辿っている意識自身が、
消えゆくことを恐れる感覚を感じているのです

これは私たちが、身体を含めたこの世界での
現象に執着し、如何に物質を信頼しきっているか。
という証明に過ぎません。

あぶり出されたその瞬間は、それを目撃する意識として。
それが自身では無いことを明確にすることができます。

守る「世界」が夢同等であることを見抜くと、
生きる事は単純になります。

生きなくてはならない。という傲慢さは消え、

生かされているという謙虚さが正面となります。

震災や死、崩壊が私たちの心に残すものは、
決して恐れや苦しみだけではありません。

全てが同じ現われだという気づきを広げる機会。
皆、全く同じ土台であることを知る
貴重な機会ともとれるのです。

つまり一言では、

外側に神を見ている限り、
内側の神は絶対にその姿を顕さないのだから。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。