Happy

「幸せ」

“幸せ”という表現の示すものが、
対象物の運んで来るものでないことを前提に、

私たちは、幸せになることを意図していません。

ではなぜ幸せを求めるのかと言えば、

幸せ(満たされたこころ)が、私たちの本性だからです。

ゆえに、満たされたこころ(地・素)を
覆ってしまう部類の思考や記憶が沸き起こると、

本性は本能的、反射的に、

素を隠してしまう異質を追い払おうとします。

異質を追い払うというこの運動は、

目にゴミが入ると涙が出たり、
ほこりを吸ってくしゃみを出したりすることと
同じくとても自然な働きですが、

例えば、肉体と一体化している意識上に
この運動が起こると、
偽主体である私という思考から、
非常に煙たがられてしまいます。
(自身で感情を操縦できるという無知から起こる
こころの働きに巻き込まれた状態。)

そしてこれを、どうにかして止めようとすれば、
思考は更にフル回転です。

私たちはいつもどこかに幸せを求めているように見えて、
実は幸せをどこかに求めているのではない。(地でそれそのものなので)

これがいつまでも幸せを感じられないトリックです。

このことを知れば、何においてもそれそのものの働き以外
できないことが明白ですし、

幸せになることを求める誰かもいないことが明白で、

同時に、どうにかすべき思考や記憶も
無いという証となりますから、

満たされる必要性を訴えるこころの渋滞も、
流れ出すのではないでしょうか!

私たちが幸せを求めていないその時こそ、

本来の姿はここに明確に顕われているに違いません。

本性が現われるのに、努力がいるでしょうか?

全く要りません。

幸せは、なるものではなく、
既にそれそのものであり、不動です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。