Freedom

「自由!」

自分に今起こる体験を通して、その枠組みを外して超えていく度、
わたしたちは自由になっていく。

自由は手に入れる物でなく自分自身で、あることに気づくもの。
こころの縛りから解放されることで、ちょっとずつ気づくもの

実際にはおもいっきり純粋な自由が、初めからここにあるけど、
この世界での見えないパートの〈本質とか、感情、想いなど・・〉
内側部分は、“あること”をちゃんと意識に気が付かれなくては
日の目に当たることがなく、無いことと等しい。

だから私たちは右往左往しながら
既にある自由に気づく為のいろんな体験をし続けている。
完全なる自由の空間のそれだったことを目撃するために。

ここには純粋に動の世界を楽しむ今と、
重荷をどんどん脱ぎ捨てて軽くなるための今がある。

それが誰のものでもないオリジナルな自分(ここ)だけに顕われた人生で、
どこを見ても、自分(ここ)印の押された自分(ここ)だけの世界です。

そんな中には、こうした方が良いよ。こうすると良くなるよ。
色んな違った素敵なアイデアはあるけれど、結局全部正解で、全部不正解。
だってそれは自分の体験から得たことではないから。

この世界は自分のこころで観たままに映される世界。
見たままのことが映されるから、そう見れば即座にそう創られる。

なのでどんなに真実めいたことを何処かに見聞きしても、
それはいつかどこかで感動した胸熱の出来事の余韻だったり、
これまでに聞いて信じてきた誰かにとっての真実だったりする。

これだと、いつになったら本物の自分の体験と向き合えるのだろう

自分の体験から直接生まれる今の感情よりも、
正しいものはどこにもない。

だから外側に答えを探しても見つからない。
見つからないというよりも、答えが初めからない。

答えは出したり探すものでなく、毎日の積み重なる体験が
ゆっくり混ざり合いながら開いていくことだから。

強いて言うなら、すべてが終わってから分かること。
人としての時間にあるうちは、人をする時間が答えに導く。

だから焦らないでいい。誰かになろうとしないでいい。

計算から出せる答えは、誰にでも出せるものだから、
実は本物の正解じゃなくて、、

本物の答えは自分の観たことから生み出されていくものだから、常に新しい。

そこには丁寧な過程という時間(秘儀)が掛かる。
(地球の、時という刻みはその中にすごい秘密を握っていると…
私は思っている。)

なので外側で既に創られたことからは、
自分にとっての本当だと感じないならばスルーもできます。
私はそうは思わないの。と自分に正直になれます。
例えそれが神様の言葉だとしても!

自由があることに気づく為に命を灯す暮らしには、
間違えというタグも正解というタグも、どちらともがそぐわない。

人生、行く手の中身予想はできないけれど、
起こること何でも超えていく覚悟で今を生きる、ただそれだけ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。