All who shed the Light

「ひかりを広げるために地球に来たみんなへ。」

精神主義へと向かってどんどん変容している私たちですが、
そんな私たちが今していることは、
五次元的な自分の居場所に気が付くようなことかなと。思います。

この五次元的というのは、
感覚的な自分に戻っていくということで、
次のステップへと向けて目覚めるという表現の通り、
深い催眠を掛けていた自分自身が、
徐々に眠りから覚めていくという過程を辿っています。

これまでにアクセスできる範囲では限界にあった理解が、
徐々に解除されて見えてくる。これが五次元的な自分の居場所や、
生き方に慣れていくという未知のステップアップとなっていて、
前もって用意しておいた箱を、瞬間、瞬間時間と共に紐解きながら、
その中身を自分の物として腑に落としていく。

これはこの思考域の自分という存在(低次元)にとっての目覚めであるし、
何でも創造してしまう神域のひかりの自分(高次元)と、
思考域としての自分が一つに戻っていく物語の過程でもある訳です。


新しい領域に入っていく時は、視野がすごく広がるということなので、
思考域では分からないことだらけです。何度も何度も触れていくうちに、
少しずつ氷が解けるように理解が追い付いて来ます。

ひかりを広める役割のみんなには深く共感してもらえると思いますが、
わたしも、本当の自分を知りたいと旅に出てから、
とにかく理解が出来なくて何度も何度もボロボロ泣くことがありました。
ここで泣いているのは、本質という懐に戻る過程の思考域の私で、
本気で、泣くんです。どうしても懐に戻りたい理解したいって。
これを真剣にやっているんですから、ほんとうに滑稽な姿だなあと思うのですが、
どんなに頑張っても努力しても全然理解できないものだから、
越えられない壁に向かってノックアウトです。

今思えば、それは当たり前のことで。
知ろういう意欲が自動的にはじまったということが、戻る過程にある訳なので、
理解が追い付くには空間の広がる必要があります。
地球では、時間の経過という忍耐がそれを紐解いていくのです。
ですから、言葉や説明を通してすぐに分かる何かでは到底ないんです。

でも、外側の世界をグレードアップするための目的ではなく、
内側の意識を高め、進化させる為に地球に来た私たちの様なひかりは、
何をしていたって常に今いるところより広い視野を目指すことをしてるので、
いつでも先取りで動いて、理解が追い付くのは後でというスタイルです。

例えば山の頂上ににいると、
自分の目線と同じ高さの物しか見えないではないですか。
自分の現在の背丈より大幅に低い物も、高すぎる物も、
一度に全体像を把握することは到底無理です。

ですが同じ高さの物はとてもよく見える訳だから、
視界にあるということは、同じ次元のことです。
なので、理解ができるというのは同じレベルです。

この同じレベルをいつまでも見ていても成長にはならないわけだから、
成長を続ける魂は、次から次へと、理解ができない領域へ入っていきます。
そうゆう強さが元から備わっているので、ごろごろしていたい想いはあっても、
布団をはがして起き上がってしまうんです。

それはある意味、物質世界で寄り道をしているひかりをひっぱる役割でもあり、
自らの気づきで内側へと明かりを灯す役割です。
ですから、ひかりを広げるために地球に来た魂の道は、時に険しいのです。

あ、でもこれはちょっと面白いですが、そんな私たちを見ていると・・・
外側の肉体としての行動では、すごくのんびりすることが好みだと思います。
可愛いものが好きだったり。のんびり自然と溶け合ったり🌳⛺
動物が好きだったり、休息することやお茶することとか☕。
けれど実は内側ですごいことをしている、というギャップがあったりする。

こうゆうのがね、もうだだ自然の真理ってすごいなあと思います。

肉体というのはいつかは消え去ります。
物質世界のすべては物質の世界の物なので、
どんな素晴らしい財産があっても全て無くなる訳です。

ですが本質のひかりは永遠だから。
そこで得た成長は次へと繋がっているんです。
終わることがないんです。

秘宝でも秘密でも、もしもすぐ手に入ってしまえば、
それ以上探さないからそこで終わり、秘宝にもなりません。
分かりずらいことだったら、目を凝らすし耳をそばだてるし、
意識を全開にして近づこうとしていく。

こうゆうことなんですきっと。

この動の世界を本物だと信じる思考が、
徐々に永遠の不動のひかりへと統合するのを見ているのだから、
一瞬でみんなが、ああこれだね。そうだね。と分かることだったら、
端から、不動の世界と/動の世界は成り立たないですしね。

物質的になんでも簡易化することが慣れて、スピードとか便利とか。
快適にすることが当たり前になってしまっている私たちは、
自分の目で見たり、自分の気持ちで動いたりする感覚が鈍っています。
権力のある人がそうだと言えばそっちを信じて、
違うと言えばこっちを信じてということを無意識でやっているというのが、
感覚が麻痺してしまっている証拠です。

だからちょっと触れてみて、分かりずらかったり、
意味不明だったら、すぐにそこから離れていきます。
でも実はそんなところほど真実が隠れている。
だから早々にも、自分の感覚を開いて意識的に生きる事が促されているのです。

ですがこれも、日常的に香水をつけている人は、
自分の香水の匂いにはほとんど気がつきません。
つけていない人だけが、その香水の匂いに気づくことができるんです。
皆がいろんな側面を見せて教え合っている世界ですから、
壊れているように見えて、その壊れている瞬間でさえも、
一つのステップとして完璧だということです。

今日のこのメッセージは、ひかりを広げるために地球に来たみんなへ。
というタイトルが丁度良いかなと思いながら書いています。

偽を見破るためにここに来ている私たちは、きっとこれまで、
生きているだけで苦しくてしょうがないって時が、とても長かったと思います。
真実が真の目に見えているから、物質で紛らわそうとしてもそれが出来ずに
逃げ場が作れない。それが底なし沼みたいな空間になって、
何をしてても辛かったりする。
だけど、物質界の偽を見破る為には目を凝らす必要があることが分かれば、
これまでの地球でのいろんな複雑な体験も腑に落ちると思います。

なのでもし苦しくてしょうがない時は、
外側の世界の為に頑張ってる訳ではないんだって自覚してみると良いと思います。
目には見えない内側の世界の為に、なんかすごいことしているんだな、自分。って。
何かはよく分からないけれど、
すごいことが永遠へと刻印されていってるんだという事なんですね。

隠されているのを見つけられるほどの、強い探求心が与えられたものだけに、
宝物が見つかる様に工夫がされているということでしょうが、
そんなところからも、目に見えない世界というのは面白みがあるのです。

アセッション、次元の上昇っていう言葉は沢山出回っていますが、
目を最大に開いて👀外側の世界を見ていても
一気に何かが輝きだしたりする訳ではないので、
分かりやすい違いの反応を求める思考の域からでは、
気づけることははないです。次元が違うから。
だから外側がガヤガヤしてても、私たちはいつも通りマイペースで良いのです。

あせらずにも、誰もが高次元の自分の働きで内面はどんどん成長していているので、
内側が変容したことで、その後に、
外側にも時差で少しずつ変化が追い付いてきます。

少しずつというのは、物質世界の地球とその衣(肉体)では、
そんなに一度に加速して変化すると、物質は破壊してしまうので、
高次元の方で、加減の良い完璧なデザインを用意しています。
だからいつでも少しずつ段階的です。

なので見た目にはあまり変わらないし、
大きな変化がないので、何か起こったのかな?という感じですが、
内側には計らいと恩恵で、確実に変わっています。

それでも、5次元的なこれからは波動がとても軽く速くなってるので、
外側にもこれまでよりエネルギーも断然エコで使いやすくなっていきますし、
理解も速まっていきます。

でも、変わったという事のひとつの分かりやすい例だと、
こんなの探してた、こんなのあったんだ。という心が躍る物事との出会いって
みなさまにもあると思うのですが、
私なんかは、最近水をとても良く吸い取る食器拭きタオルとの出会いがありました。

日本は素晴らしいものが沢山あってそれを知っている分、
ヨーロッパでそのレベルを上回る出会いはほぼ皆無ですが、心躍りました。

こうゆう身近なことも、視界に入った=見えるレベルになったということ。
物質界での新しい発見があった時は、同じくして自分も成長したという証なので、
自分のステージがちょっと変わった合図として見てみると、面白いです。

さて。地球はこれから増々と、自分の想い次第で、
見えてくる世界ががらりと変わっていく。という次元となっていきます。

お金が、運が、環境が、自分の力では・・・という様な、
ため息の出るようなフレーズが当然だったこれまでとはがらりと変わり、
すべて自分で創っている世界であることを知ることで、
誰の責任にも出来ませんし、
何かが不足してるという発想は出来なくなっていきます。

私たちは初めから、こんな不思議かつ合理的で同等な世界に生きていますが、
ようやく地球の次元が、この不思議さを受け入れられる段階に追いついたんです。

ですがこれも、これまでの地球にしてみたらとても大きな変化ですが、
無限の宇宙の中では序の口なんだな思うと、どこまですごいでしょう。
ワクワクせずにはいられません✨

このブログの読者のみなさまは、
内側のひかりのお役目をもって地球に来ている方々です。
根源的な愛を深く知っているので、自分ではそうは感じていないかもしれませんが、
大変な苦労もあったと思います。

その中をひとつひとつ丁寧に乗り越えてきてくれたからこそ、
愛を知ろうとするものが増えてこれたのです。
自分は迷惑を掛けるだけで何も出来ていないなんて、思わないで下さいね。
むしろその反対なのですから。

これからも、ありのままの私たちのペースで楽しみましょう。

スタンドバイミー Stand by me.
傍にいてね。というようなニュアンスのフレーズですが、
ここでは「Stand by you」を、この世界の全てに捧げたいと思います。

いつもあなたの傍にいる。苦しい時も、喜びの時も、いつも一緒に。
無限の「私」が有限の「私たち」を包み込むように共に歩んできました。

ふたつが、ひとつになる時が来たんです。
これは地球が、宇宙の無限の愛のレベルに戻っていくサインです。
また面白い話ができたら、と思います。 

皆様が、安心と平和に包まれ今日の一日を感謝できますように。
素晴らしい年明けをお迎えください。🌞Love,