Drop off your luggage

「荷物を降ろす 」

楽しく、笑って人生を送るコツ。

それは何も持たないこと。
持ち物のミニマリストになるという事ではなくって、
足跡は残さず空を飛ぶ。ということです。

人生を楽しむ=今だけを楽しむ。それで全部!です。
鳥はそらを飛び、空に跡形を残しません。
そこに居た痕跡なく今を楽しむ、それが私たち本来の姿です。

私たちは、誰かの為に生きている訳でもなければ、
無理やり生かされているわけでもありません。
自分で選んで、自分の為にここに生まれてきたので、
生きている証を探せなくても、痕跡を残せなくても、
人生を楽しく過ごすことには一切影響はありません。

実際は、今日を楽しめたこと。もしくは経験できたこと。
それだけで十分に使命を果たせています。
自分の選んだ人生を今日一日、
こんなに近くで観察できたのですから、他に何もいりません。
それはダメだった、あれはダメだったと言っている自分を信じていれば、
笑って楽しく過ごす願いは一生叶いません。
何はともあれ、今日の一日もとても良い一日だったなぁ。と眠りについてください。
そうしておけば、明日はあしたで、とっても良くなります。

宇宙にあるのは常に今この瞬間だけで、過去も未来も存在しません。
後ろを振り返ったところであるのは今だけ。
めいっぱい高跳びをしたところであるのも、今だけ。
昨日に戻りたくても、明日へ行きたくても、あるのは今だけで、
昨日と明日があるのは私たちの頭の中だけです。
頭の中にはどうしたって入れません。

私たちが過去にあった出来事を知るのは、
本やテレビの中や、誰かの話す記憶の中だけです。
語り継がれた記憶が、この木が千年前から生きているのことを教えてくれた。
けれど今自分の目の前にある木は、自分にとっては今初めて見た0才の木です。
いまこの目の前に見えている事、いま感じられる事。
それがたった一つの真実です。あるのは、常に今だけです。

今の瞬間良いと思ったことを選び、今していることを楽しむ。
そうするだけで、人生はとても楽しくなります。
そこからどこへ運ばれることになるかは、分からないけれど、
今を楽しんでいれば、どこに運ばれようとそれは必ず楽しい場所となります。

直球で言ってしまうと、
苦手なことはやらなくても良い。
好きなことだけ選んで良い。
そうしてしまった自分も責めないで大丈夫。

それでいいんです。それが自然な流れです。

これまでがレベルの高かった分、これからはもっと楽をしましょう。
すべて克服することもないし、すべて完璧にすることもない。
できる人がやればいいし、できない人は他にできることがある。
記憶の自分からしてみれば、
自分には足りないと思えることがあったり、多すぎると思うことがあっても。
あらゆる基準は煙となって消えてしまい、もう地球のどこにも見当たりません。
全体のバランスで調節するのは命を営む原点、宇宙なのですから、
すべてお任せしてしまえば、それでいいんです。

今感じていること、見ていること、していること。
例外なくこのすべてが完璧なフォームであることだけは知っている。
これ以外に私たちが知るべきことはないと思って大丈夫です。

現実の世界を生きていると感じる自分は、楽にゆったりとしているだけ。
それで宇宙も地球もうまくまわっているのです。

重い荷物を抱えて電車に乗って、出かけるとき。
椅子が沢山空いているのに、
振動に耐えながら重い荷物を抱えて立ったまま頑張る。
これではちょっと不自然です。
好きでやっているうちは、もちろんそれで良いのですが、
荷物はすっかり降ろしてしまって、椅子に座りながらお菓子でも食べて。
外に見える景色をゆったりと眺める。これが一番自然ではないでしょうか。

重い荷物を抱えたまま、頑張って電車に揺られれば、
そこから見せてもらっている景色を、純粋に楽しむ余裕はうまれません。
余裕どころか、身体中は痛くなるし、私はこんなはずじゃなかった。
ここには行きたくなかったし、あっちがもっと魅力的だ。
気持ちはちょっとづつ暗くなってしまいます。

荷物を降ろすことを選べないのは誰なのか。
くつろぐことを許さないのは、誰なのか。
ほんとうは、とても素敵なあなたを、素敵だと認めさせないのは誰なのか。

私たちのありのままの姿を、ありのままに見せなくしているのが、
これまでに信じてきた重い荷物。記憶や信念です。
重い荷物の中身からは、自分以外のこと。
親や、家族、友。更には通りすがりの人の想いまで見つかるかもしれません。
これではぐったりしてしまって当然でした。

ここでは、記憶や信念はすべて捨てると話しているのではありません。
観える海を目の前に、さっきの町を懐かしむ。次に向かう場所を楽しみにする。
本当はこれも、一つの楽しみ方として大有りだからです。
ですが、荷物を抱えながら余韻に浸るのと、
荷物は降ろしてくつろぎながら、余韻に浸るのでは視界が違ってきます。
どんな場面にも今この瞬間だけが在ることを納得していれば、
そこには足跡が残りません。
足跡を付けずに空を飛ぶことが出来るようになれば、
記憶の中から頂くプラスのエネルギーも、もっと軽やかに活かされます。

どちらにしても、電車が進む力を与えるのは原点、宇宙です。
苦しみも、焦りも、不安も、信念も記憶も。
荷物を捨ててしまうのではなく、抱え込む必要のない重量のすべては、
宇宙の電車に預けてみませんか、ということです。

重い荷物は降ろしてしまっても、抱えたままでもどちらでも良い。
本来のあるべき姿で居られない荷物は、どこへ行くにも持ち運ばないで良い。
そうであるならば、多くの方はきっと降ろしてしまう方を選ぶと思うのです。
だって、私たちの乗っている電車は、一人一台。ちゃんと席も用意されています。
そこに座わってしまえば、楽々人生はひとりでに進んでいく。
降りる駅がくれば自動的に電車は止まり、次に進むステップへと向かっていく。
楽々なオートマ運転です。

自分の人生で歩いたルートすべてに責任を持とうとするから、
重荷になって今を楽しめなくなります。
オートマ運転ならば、責任も何も全部宇宙が持ちます。
この世界の私たちが心配することではありません。
好きなことを見て、感じて、楽しみ。それだけです。

真面目であればあるほど、自分でどうにかするべきと感じて頑張ってしまう。
自分で蒔いた種すべて刈り取ろうと、くつろぐ自分を許すことができない。
教えてもらった通り、休むことなくまっすぐに走ってしまう・・・

寛ぐ人たちを横目で見て、そんな風になりたいなと思っても、
椅子に座るどころか、荷物を床に降ろすことすら出来ずにこれまで来た方は、
きっと疲れ果ててしまったと思うのです。

このことは、一点から見ればとことん不器用な自分と感じても、
別の視線からみれば、それだけ素直で純粋なこころがあるから、
楽楽モードに成りきれないんです。
心当たりがある方は、ほんとうはすごく素敵な魂を持っている人です。
キラキラ輝いています。

ひかり輝いているので、宇宙からは見つけるのがとても簡単です。
宇宙はそんなあなたにいつも寄り添って、サポートする体制をすっかり整えています。
あなたが荷物を置いて椅子に座ってくれるのを待ってくれています。
本気で頑張りましたよ、私たちはこれまで。自信を持ってください。

これまで、頑張る選択を無意識にしてきた人たちも、
これからは荷物は降ろして、座りながら。楽して人生を巡る。
楽しそうだと思いませんか。
このことを聞いて少しでも心がぱっと明るくなれば、
それが偽りのない想いです。

これまでとは逆方向へ進むのが楽しく生きるコツと聞いて、
そんな風にしたら、立ち行かなくなるのではないか。
失敗や後悔するかもしれない。
直ぐには信じることができずに、
最初にブレーキを掛けるのには勇気がいるかもしれません。
それでも、一度ブレーキを踏んでしまえばもう頂いたも同然です。(宇宙からの恩恵を)
そこから素晴らしい働きがひとりでに始まるので、心配はいりません。

スピードをだして走っていた乗り物は、ブレーキを掛けたところで、
すぐには止まれません。(内面と外側の時差)
徐々に速度が落ちて完全に止まるまでの間に理解はちゃんと進みます。
ですから、今は何も考えずブレーキを掛けてしまって大丈夫です。

自分が望む速度で、完璧なタイミングで理解は必ず追い付いて来ます。
そこからは楽々モードへとバトンが渡り、原点、宇宙の運転となります。

これまでまじめに頑張ってきた方ほど、
決めごとをするとその理解と具現化がスパーンと一気に来ます。
何も変わらないなあと思っていても、水面下でしっかりと根を張っていきます。
根が張るということは、崩れない土台ができるという事です。
そしてある時、パッと花開きますので心配なさらないように。
純粋で、素直な心には着々と、確実に定着するのです。
ひかり輝く魂を持ち、この世界を一生懸命生きている。
それはまさしく今このメッセージを読んでいる皆さまの事です。

今日5月26日。射手座の満月です。
スーパームーン&皆既月食というパワフルな満月。
これまでの物語が一旦終わり。今日を境に、新しい旅の幕開けとなります。
力強いパワーで次のステージにステップアップしますので、
この強い後押しをありがたく頂いて、もう波に乗ったつもりでいましょう。

みんなが今日も笑顔でありますように。