感情から自由になるつづき

前回に書いた感情から自由になるというポストで
雨空や曇り空の天候を
心模様に例えた日々の変化のはなしをしましたが

今回は天候で例えるところの強風、台風。
大きなネガティブが登場したときの話です。

これも、自分自身が手放しを決めたことで
高次元から恩恵として送られる贈り物です。

古い記憶や必要のない情報に気づき
新しい進展をするためにそれらを手放す必要がある。というメッセージです。
大きな波として現れると、心は苦しくなり逃げだしたくなりますが
ここはせっかくのチャンスと思い向き合います。

これは悪い感情とはせずに温めてあげることに努めます。
温める方法はいくらでもあります。
思いつくいくつかを書いてみます。

例えば泣くこと。
これはとても良いです。
涙をながすことはとても大きな浄化となり
私たちに必要のないものをどんどん洗い流してくれます。
涙があふれるときは我慢しません。

身近に話ができる相手がいれば話を聞いてもらうのも一案です。
安心して話せる相手に話すことで
自分でも客観的にみることになり整理ができます。
話をしていると話す前には分からなかった
心の奥にあるものが手前へ出てくることがあります。

好きなことをするのも良いです。
何もしない、掃除、音楽、漫画、散歩など自分の
大好きなことをとことんします。
これは気持ちに向き合わずに逃げてるように感じますが
それは違います。

台風が来たとき、私たちは台風を止めようとはしません。
これを止められないことを知っているからです。
なので、その時点ですでに向き合っています。

そして受け入れた後は
心配して一日中空を見上げて様子を伺っていても
気分が滅入るだけなので、大好きなことするのが良いと話しています。

心配が増えるよりも、好きなことである
ゲームや漫画を見て笑っている方が通過の邪魔になりません。

そしてよく眠ること。眠ることで一人でに浄化が進みます。
睡眠は普段も大切ですが
他のどれも出来ないほどの大きな浄化の時にもとても有効的です。

まだまだあると思いますが、きっと好きな方法があるはずです。

浄化は誰にでも起こることで、自然なことです。
その時に”これは良くないこと”として見ればそう成ります。
見たままが = そう成ります。

なので、これは良くなるために必要なこと 
= ”良いこと” として見てみてください。
そして好きな方法であたたかく迎え入れます。

新しい自分になる前触れとして現れる浄化に
心は不安を感じるかもしれません。

けれどリュックサックの中身を
あたらしいエネルギーと交換するためには
背中から降ろして空にする必要があります。
そのための調整、大掃除だと思い前向きに乗り切ってください。

そろそろ春がやってきます。
冬の終わりを告げる大掃除は、春の訪れを意味します。
望まれていないことは、この世界には起こりません。
わたしたちの住む世界は、ほんとうに美しいです。
どこを見ても、シンプルで、美しいのです。