幸せのたねつづき

とても大切なことなので
幸せのたね の記事をもう少し書いてみたくなりました。

しあわせというものは、
目に見えるものや取り巻く環境が左右するものではないということに
自分自身で気が付く人がとても増えています。

これまでは、私も環境や持ち物が幸せを左右していると
心の底から信じていました。これがあれば幸せになれる。
あれが無いから幸せになれない。

そしてこれまでの長い経験は、
何もなくても幸せになれることを、私たちに気づかせました。

物質から得た幸せはそう長くは続かないことを
自分自身で見破れるようになったのです。

お金がなくても、
若さがなくても、特技がなくても、
健康でなくても、今ここから幸せになれます。

むしろこの気づきを得るために、私たちは失われたと感じる状況をわざわざ作って
本来の姿に気づこうとしています。

幸せとは私たちもともとの素質です。
なのでそれ以外には成りようが無いという事が真実です。

ひかりの存在である私たちに
人間界のどんな苦労が勝利できるか。
人間界のどんな苦痛が私たちに触れることができるか。
触れることはできないのです。

それらは対象であって、主体ではないからです。
対象は主体を超えることは出来ないのです。

この万遍なく広がった光がこの創造世界を映しだし
自分で自分を理解するために 自分自身のつくりだした物語を見ています。
自作自演の中で、困ったとか大変だと嘆いているのです。

これを理解したならば、
あとはもっと明るく楽な人生を観る選択もあるということです!
その為には、今この場所から幸せになる選択をしていきます。
どんな状況にあってもそれはもうすでに過ぎたこと。
なので幸せになるための条件は一つもいりません。

いま起こったことは通過したエネルギーとしてありがたく受け取って、
今度は明るいエネルギーにフォーカスしてみてましょう。

今まで生きずらいと感じてきた人たちも
これからは生きやすくなる。そうゆう時代が来ています。
安心して、楽しい人生を創ってください。